支援団体の方々へ

メンバー

カギケン用語

Youtubeチャンネル

カギケン用語

Google先生も教えてくれない、
カギケン内で使われる言葉をまとめたページ

工力 [こうりき]

工学力教育センターのことで、ものづくりプロジェクト受講生が使用する部屋。他のチームはセンターと呼ぶところが多く、工力と呼ぶのはカギケンの専売特許である。仕事をする人ほど帰らなくなり、椅子で寝る技術を身につけるとそこがホームとなる。

工学力

ものづくりにおける重要なファクタ。えんじにありんぐふぉーす。
???「私の工学力は53万です。」

創プロ

創造プロジェクトの略。現在はものづくりプロジェクトに改名したが、ものプロでは言いにくいのでこちらをいまだに使っている人がチラホラいる。

NHK学生ロボコン

旧称NHK大学ロボコン。NHK主催のロボットコンテストで、ABUロボコンの日本代表選考会を兼ねている。また、その競技内容およびルールは毎年変わる。カギケンが目標とする大会の一つ。

ABUロボコン

アジア太平洋放送連合(ABU)が主催する、大学生が製作したロボットによる競技会。NHKロボコン上位チームだけが出場できる、夢の舞台。

チームリーダー

カギケンの中で最も偉い人。

創造工房

工学部にある工場のこと。機械班の加工はここで行われる。

ロンリウム

ロンシール工業が製造しているビニール床シート。主に緑色。学生ロボコンの試合フィールドでは、床の保護の為にこれを敷く事が多い。そのため、カギケンの試合練習用フィールドにもこれを敷く。

ロンリウム運び

ロンリウムを運ぶこと。割と重いので良い汗を掻く。日頃の運動不足を遺憾なく発揮する機会でもある。

明解

明解C入門編というC言語の教科書的存在。平易な表現で、C言語の基本事項を教えてくれる。福祉人間工学科や電気電子工学科では、プログラムの講義での教科書に指定されている。

カギケン杯

毎年6月頃に開催される、一年生の技術向上および部員同士の親睦を深めることを目的とした大会。優勝者には賞品が送られ、また最下位の者に何でもひとつ命令することができる。

文字通り神、英語で言えばGod。カギケン杯で行われる競技の創造主。またカギケン杯における絶対的ルールであり、最終的なジャッジは神によって下される。その正体は現b...おっと誰か来たようだ。

新歓

新入生歓迎会のこと。上級生と新入生との間に、テンションの差が最も現れる行事。

坦々 [たんたん]

西門近くにある担担麺屋およびそのメニュー。お手頃価格、遅くまで営業、学生大盛orライス無料で新大生に大人気。カギケンも例外でなく、汚せn...もとい虜になる人続出。 タンタニウム(元素記号Tt)が入っている(という噂)。

はりま

工学部近くにある定食屋。カギケンでは坦々と並ぶ人気店。ワンコイン定食は財布にも優しい。飲食店だが、店内には飼い猫がいる。

徹夜組

昼夜逆転している人たち。工力で寝ている人がいたらだいたいコレ。家で寝ろよな…。

リポ○タンD

徹夜組の活力剤。たまにエス○ップやチオ○タになる。

養生 [ようじょう]

養生テープの事。粘着力があまり強くないため剥がしやすいのが特徴。ちょっとした固定やフィールドの設営時に使用する。「ようじょ取って」は鉄板ネタ。

養生おばけ

養生テープでぐるぐる巻きになった機体の総称。固定を養生に頼りすぎるとこうなる。

ダンプラ

段ボールプラスチックのこと。プラダンとも。

コンキノアニメ

一部の人たちにとって精神安定剤。

ライキノアニメ

一部の人たちにとって明日を生きる理由。

単位

クイズの賞品。参加賞として貰えるケースもある。

高専生

化け物。

進捗

幻の秘宝。幾人もこれを目指して命を落としたと言われる。
我々もまた進捗に踊らされた者の一人にすぎない…。

進捗どうですか?

死の呪文。

社畜

会社に飼い慣らされてしまい、一般的な倫理観を失った者。
働くって素晴らしい!(白目)

アットホームな職場

アレな企業にありがちな求人票のフレーズ。

ちなみにカギケンはアットホームな職場です!初心者歓迎!!だれでも活躍できる!!!自己実現!!!!労働の喜び!!!!!

鍵を持つ者の義務

工力、部室、VBLなど鍵を管理、所持する場合に生じる義務。
鍵を持っていない人が鍵を使いたい場合、どんな時間であっても鍵を開けに行かなくてはいけない。

組み上げ班

組み上げのプロフェッショナル集団。彼らに組み上げられないものはない。組み上げ班に入る最低条件として節穴でなければいけない。

ちゅー↑しん↓

円の中心にある点のこと。

節穴

目の前にあるのに見つけられないこと。
e.g. 壁に立てかけられた1000×2000のオレンジ色のダンプラを見つけることができない。

150cm

ある人物にとって、越えちゃいけないライン。

じゃがバター

帰省する際にじゃがいもを一斉処分する為に振る舞われる御馳走。じゃがバタ班の進捗次第で食すことが出来る。

じゃがバタ班

不定期に進捗を生み出す班。班長ともなると最適なレンチン時間を見極める事が出来る。なお現在は活動を休止している。じゃがバタはよ!

運命と書いてDestinyと読む

本大会の応援団長決めの際にN野氏が発した台詞。
なお運命に導かれたのは彼だった模様。見事なフラグ回収である。

カギケン、ファイヤー!!!

我が部の伝統的な掛け声。声に出すと少し恥ずかしい。

そもそも、機体が燃えたら駄目なのでは?

~以上です。

相手との会話を無理矢理断ち切る魔法の言葉。
しかし本戦では通用しない。

ダークマター

使い倒されたコロの成れの果て。侵されてしまったコロは正直触りたくない。

inserted by FC2 system inserted by FC2 system